高校生の自分が蘇る。どきっとする本。

img_20161112_223738

先々月くらいに福岡で文章塾をしている有村さんにお会いして、
著書の「あっこと僕らが生きた夏」をずっと本棚にキープしていました。

大分での実話。とてもショッキングな内容でしたが、
悲しみや憤り以上のものを、読んでいて感じられました。

野球嫌いの私でも思わずのめり込む文章で、
中学・高校の頃の自分や友達が蘇ってドキドキ。

そして最後は、生きていることの尊さを学ばせていただきました。
貴重な一冊です。