「バガヴァッドギーター」第2章の現代版?!

nishidaライターさんにお借りした本を読みました。
さすがですね。おもしろかったです。
「ウソ」という言葉がやっぱり汚くて、どれだけの人が共感できるかわからないけど、
見た目よりも深い良書でした!

5000年前のインドの経典「バガヴァッドギーター」と同じ路線だと思う。
ウソって「マーヤー(幻)」のことみたいです。

本に出てくる「最強思考」の最後の一項目、
「すべてに自責思考である」。
これは「バガヴァッドギーター」のメッセージの要点です。

おもしろかったのは「究極のクリアリング・ワード」として著者が挙げた言葉。
「神様を信じない私も、何か苦しいことがあるといつも、
『これは神様がくれたプレゼントだ』と言っています」笑

バクティヨガのシュリーダル先生は西洋哲学を勉強した方でしたが、
私は現代の日本人の考えていることを知るのが好きです。

この本は「バガヴァッドギーター」第2章の現代版とも
言えると私は思いました!
あくまでも第2章だけですが!!