単なる言葉が神聖なマントラなのではなくて

ssm VyasaPuja23シュリーダル先生(1895-1988)著
Loving Search for the Lost Servant
バクティヨーガ~探求と献愛の哲学~
より抜粋

..although the spirit is within the name, if the sound we vibrate is based on any other conception, it may only take us to that layer of conception.
マントラには秘められた力があるが、もし唱える自分が他の考えをもって唱えていたら、その考えにしか到達しない。
The mere word ‘krishna’ is not the holy name. What is important is the meaning of that sound and the depth of meaning, the deep conception of the meaning of the name.
「クリシュナ」という単なる言葉が神聖なマントラなのではない。大切なのはその音の意味で、その意味の深さ、名前がもつ意味に対する深い理解だ。
The most important thing is the spiritual realization backing the name – that is the real name.
一番大切なのは魂に触れる気づきがあって、その上でマントラを唱えること。それこそが本物のマントラと言える。
In the background there must be spiritual truth, which is conscious. That super-knowledge is beyond the knowledge of this mundane plane.
マントラの背景には真理がなくてはならないが、真理はそれ自身が意識を持っている。この物質世界の知識を超えた、スーパー(超越的な)知識と呼ばれる。