ノート製本WS~あぜのまち絵本美術館で~

13001257_10154280838177240_4286938425076800704_n

手作りって、機械が作ったように作らなくていいんだ。
ちょっと曲がっても、ちょっと紙にのりが付いても、失敗しても、
大事なのは手のぬくもりなのだな~

少し複雑で難しい製本作業だからこそ、そんなふうに感じました。

教えてくれた絵本作家の先生と、一緒に参加された親子が
とってもすてきな方たちで、しあわせな気持ちに包まれたWSでした。

福津市「あぜのまち絵本美術館」で5月下旬まで日曜日にあります。
できればもう一度参加して別の作り方に挑戦したいです。

子どもの頃から手作り絵本が身近にあったけど、
紙を合わせ貼る作業がどうも苦手で、この糸でかがるタイプに出会えて嬉しい。

何に使おうかな~とも考えたけど、
これはちょうどお見舞いに母にあげようと思います。
この緑色を見ていたら、ぴったりな感じ。

なぜか私は昔から無駄にノートを買う傾向があって、
今回あらためて思ったけど、中身よりもノートそのものが好きだな~

いや、中に何かが書かれていたら、それも好きだけど、
白いままのノートも、それはそれで、好きなのです。

もっといっぱい、ひたすら作りたい!!