インドへ!!!

12571333_10154110984614311_1104546013_n

今年もインドに行けることになった。
インドに行くことは、ただ単にインドに行くことじゃないと思っている。


そこにある、ナバディープという聖地、そこで出会う人々。
かつてそこに小屋だけのお寺を建てたグルマハラジの、深い愛情と智慧を引き継ぐ場所。
500年前、インドのルネサンス期にバクティヨーガが生まれた地。
どこよりも慈悲深いと言われている、喜びと優しさ溢れる聖地。

もうそこにはいない私の先生は、ほんとに優しいおじいちゃん先生だった。
私のダメダメなところに気づいていたのに、なぜだかよく気に掛けてくれた。
素敵なインド名を付けてくれて、緊張してまともに話せない私に、
黙ってしっかり愛情を注いでくれた。
その愛情の大きさと質が、やっぱり普通の人とは違う。

そして今の先生は、おじいちゃん先生とは正反対の弾丸先生だ。
初めてナバディープに行ったときに出会ってから、
先生になって大変なことだらけだったのに、今もぜんぜん変わらない。
こんなにエネルギーに溢れた人は、他では見たことも聞いたこともない。
何があっても、あんなに純真なまま、強くいられる人も他に知らない。

どこの聖地を巡っていても、私はこの先生に磁石のように吸い寄せられてしまう。
でも魅力的なのは彼ばかりではなくて、他にもたくさんいる。
お祭りの日にインドに行くのは、魅力的な人たちが大勢集まるからだ。

インドにいる私はちょっとだけいつもの自分と違うと思う。
私にとって力の源だからかもしれない。
そこですることは、充電することだけ。
日本に帰って、がんばれるように。

私が福岡に来たのも、ナバディープに住んでた時、出会ったロシア人に誘われたからだった。
もう9年前の話だ。その1年後くらいに福岡に来たけど、途中ロンドンに戻ったりもして、
お寺でも、おじいちゃん先生が亡くなっていろんな試練が続き、
ようやくそれぞれが自分の場所にいったんは落ち着いてきた気がする。

おととしの秋にみわこさんが一緒にインドについてきて、
私にとっても今まででいちばん特別な旅になった。

今回はもう1人旅の仲間が増える。
そうなる予感はした。
けど、どんな旅になるのか、それはまったく想像がつかない。
その未知な感じに心が躍る。

インドへ!!!